人に優しい水を作る必要性

水

サービス向上に繋がる要素

普段飲んでいる水の多くが軟水に分類されていて、日本の水道水も軟水に分類されていることから、昔から日本人には軟水が合っていると言えます。軟水の特徴は、ミネラル分が少なく無味無臭なことで、赤ちゃんからお年寄りまで、身体に負担を掛けることなく、安心して利用出来ます。また、料理に関しては、味の繊細さが求められる日本料理に適しています。このことから、食品業界、外食業界、クリーニング業界、理美容業界等では、水道水をそのまま利用するのではなく、業務用軟水器を利用して高品質な軟水を作り出すようにしています。これは、水の品質向上がサービス向上に繋がることを意味しています。具体的には、食品・料理の美味しさや洗濯物の仕上がりを際立たせたり、髪や肌のダメージを軽減させたりすることを可能にしてくれます。業務用軟水器には様々な種類がありますが、基本的には食品用と一般用の2つに分類されます。また、食品用に関しては、納品先の要望に応じてカスタマイズ可能な状態にしていることから、様々な形態の食品工場や飲食店にも柔軟に対応出来ます。特に、硬度の調整は、微妙な味の変化に繋がりますので、拘りのある食品やメニューを提供する場合には非常に大事な要素となります。尚、高品質な軟水を維持する為には、業務用軟水器の定期的なメンテナンスは欠かせませんが、業務用軟水器自体も日々進化していますので、費用面やタイミングを調整した上で丸ごと交換することも念頭に置く必要があります。