現場で破砕する

工事現場

大幅なコスト削減に

資源リサイクルを効率よく行うためには、破砕してふるいに掛けて大きさを揃える必要があります。これまでこのような作業を行う場合には専用のプラントを設置する必要がありましたが、コマツが開発したガラパゴスは自走式でプラントを設置することなく行うことが可能です。ガラパゴスは自走破砕機でその名の通りクローラーによって自走することができる破砕機です。自走式ですからエンジンで駆動し稼働に必要なエネルギー源は完結しており、すぐに使うことが可能です。また自走式フルイ機と併用することによってその場でプラントを作り上げることができます。またプラントは固定式ではなく自走することが可能で、ガラパゴスとフルイ機をそれぞれの現場まで移動させることによってトラックを使っての運搬作業を省略することができ作業を効率化できますし、破砕されただけでもトラックに効率よく積載させることができるため輸送コストの改善につなげることができます。ガラパゴスとフルイ機の用途はさまざまです。解体現場で発生するコンクリート・アスガラを破砕したり、採石場など採取した岩石を破砕して大きさを整えたりすることができます。またフルイ機にかけるまえにガラパゴスで破砕を行うことで効率よくフルイ作業ができ分別されたものは路盤材や埋戻し材としても使えます。これらの作業によって運搬費や砕石購入費用などを減らすことができ、建設・土木の分野では瓦礫や残土の処分費用を大幅に削減することができます。