硬質成分を取り除く

水道

費用と機能で選んで

水と一口にいっても、軟水と硬水の違いがあります。軟水か硬水かは水に含まれているミネラルの量で決まります。ミネラルの量が多いと硬水になり、飲んだときの口当たりがやや硬い感じになって少し独特の風味が出ます。状況によってはおなかを下す人もいます。軟水だとミネラルの含有量が少ないので柔らかでまろやかな口当たりになり、おなかを壊すこともありません。日本は基本的に軟水の国ですが、硬水にする硬質成分も多少含まれています。そうした硬質成分を完全に取り除くのが軟水器です。特に業務用に使われるものを業務用軟水器と呼びます。業務用軟水器は飲食店、温泉などの入浴施設、理美容店など様々な場所で取り入れられています。業務用軟水器は家庭用軟水器よりもしっかりと硬質成分を取り除いてくれ、大量の水を処理することができます。そのため大量に水を使う温泉施設などでも使えます。業務用軟水器を使い、軟水にすることで、肌へのあたりが柔らかくなる、料理に使う水が変わるので美味しくなる、手などが荒れにくくなるといったメリットがあります。業務用軟水器は複数業者から展開されているので、選ぶときは費用と機能、アフターサポートをチェックして選ぶとよいでしょう。たいていの業務用軟水器は初期費用で月額費用はあまりかからないので、初期費用でまず比較しましょう。機能はもともと軟水国である日本なのでそこまで重視しなくてもよいという考え方もありますし、しっかりと取り除きたいという考え方もあるでしょう。いずれにしてもパンフレットなどでしっかりと確認しておくべきです。またアフターサポートの有無も要チェックです。