新しいエネルギー

エコ

自然の力を活用

これまでエネルギーとして使われてきた石油や石炭は、地中に埋蔵されている量に限りがあります。そのため現在のペースで使い続けていると、いつか枯渇してしまうだろうと懸念されています。そこで新たなエネルギー源として、再生可能エネルギーというものに注目が集まっています。再生可能エネルギーとは自然界に存在するものを活用したエネルギーのことで、枯渇する恐れがないのが大きな特徴です。例としては太陽から降り注がれる日光を活用した、太陽光発電システムがあげられます。太陽は今後も長期間にわたり太陽光を発するだろうと想定されています。その間は枯渇することがないため、安定してエネルギーを供給できます。地中の熱を活用した、地熱発電も同様の再生可能エネルギーです。マントルなどが存在する地中は高温の熱が常に発生しており、こちらも永続的なエネルギー供給が期待できます。地熱はボイラーなどを通して電力を作り出すのに使われていて、特に日本で活用しやすいとして研究が進んでいます。安定した供給という特徴がある一方で、再生可能エネルギーには環境に対してやさしいという特徴も備えています。例えば石炭などは、使えば使うほど空気中に二酸化炭素を排出し環境を汚してしまうという欠陥があります。ところが再生可能エネルギーにはそうした欠点がありません。太陽光は常に地球に降り注いでおり、これまで悪影響を与えていません。地熱や風力も同様に地球を汚すことがなく、クリーンエネルギーと言われるのはこうした特徴があるためです。