効率的なエネルギー生産法

葉っぱ

自然との共存に必要な条件

日常生活や企業活動に欠かせない電力は、主に石油や石炭等の化石燃料から生み出されていますが、化石燃料の燃焼によって大気汚染や異常気象の発生に繋がってしまうことが最大のネックです。また、化石燃料は限りある資源の為、このまま消費し続ければ必ず枯渇しますので、早急に代替エネルギーを作り出す必要があります。そこで、代替エネルギーとして注目されているのが「再生可能エネルギー」です。再生可能エネルギーの代表格として挙げられるのが太陽光で、世界中で幅広く活用されています。その他にも、風力、水力、地熱、バイオマス等が挙げられますが、太陽光のシェアには遠く及びません。しかし、気象条件や発電機の設置場所次第では、太陽光よりも遥かに大きなエネルギーを生み出せる可能性がありますので、適材適所でそれぞれの特徴を生かすことが求められています。これまでの再生可能エネルギーは、単に化石燃料からの脱却を図るものとして捉えられていましたが、最近では、各分野の目的に最適化された発電機の開発が行われるようになって来ました。特に、太陽光に関しては、太陽光パネルに当たった光そのものを最大限に生かす取り組みが行われています。具体的には、農業において日照不足を補う機能を果たしたり、屋内や屋外での照明代わりにしたりすることが出来ます。このように、再生可能エネルギーに付加価値を設けることで、持続可能な日常生活や企業活動に繋げられるようになります。